Windows Server 2016で他のPCからリモートデスクトップ接続できるように設定する

このページのタグ:[Windows Server] [Windows Server 2016]
Windows Server 2016でのリモートデスクトップ接続設定の手順を紹介します。

手順

デスクトップ画面で左下のスタートボタン上で右クリックします。下図のポップアップメニューが表示されます。ポップアップメニューの[システム]メニューをクリックします。


[システム]ウィンドウが表示されます。


[システム]ウィンドウの左側のメニューの[リモートの設定]をクリックします。


下図の[システムのプロパティ]ダイアログが表示されます。[リモート]のタブがアクティブになった状態(下図)で表示されます。
[リモートデスクトップ]セクションの[このコンピューターへのリモート接続を許可する]のラジオボタンをクリックします。


下図のワーニングダイアログが表示されます。[OK]ボタンをクリックして続行します。


[このコンピューターへのリモート接続を許可する]のラジオボタンがチェックされました。


[ネットワーク レベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する]のチェックボックスのチェックを外します。


以上で設定は完了です。
リモートPCからリモートデスクトップ接続できることを確認します。

補足

Windows Server 2016では、新規インストール後上記の設定でリモートPCから接続できます。Windows 10のようにパブリックネットワークからの接続を許可するなどの設定は不要でした。

プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)