アンベール城 のレポート・写真

このページのタグ:[トラベル] [トラベル 海外] [インド観光]
アンベール城を見学します。
アンベール城は・アンベール王国の首都であり、以前から城塞がありましたが、1592年ごろから大規模な築城が始められ、現在のアンベール城になっています。その後、 1727年にアンベールから、ジャイプルへと遷都され、首都としての機能はなくなりました。

アクセス

アンベール城はジャイプルの北東の山の上にあります。ジャイプルから北東に向かうと城壁が見えてきます。


城壁を超えます。ここからアンベールになります。


丘の上に城塞が見えます。こちらは、アンベール城の隣のジャイガル城砦です。


山のふもとの駐車場に到着です。


地図ではこちらになります。

アンベール城

アンベール城までは細い急な山道を登っていくため、こちらの四駆車で向かいます。


出発です。


細い道を登って行きます。


アンベール城の入り口に到着です。左手の山の上に見える城塞がジャイガル城砦です。


こちらの門から中に入ります。




門を抜けると宮殿の前庭「ジャレブ・チョウク」に出ます。


今回は四駆車で登ってきましたが、象で登ってくる観光客もいます。象の到着地点でもあります。

スィン・ポール(獅子門)

ジャレブ・チョウクの南西の隅に入口があります。こちらから入場します。


途中、寺院があります。今回参拝はしませんが、寺院内には内部に金属は持ち込めないので、預ける必要があります。


こちらがスィン・ポール(獅子門)と呼ばれる門です。


門を入ります。

ディーワーネ・アーム

門を抜けると。ディーワーネ・アームと呼ばれる一般謁見の広場に出ます。


こちらが謁見用の宮殿、王が謁見に使用した建物です。


こちらがスィン・ポール(獅子門)から入ってきた入り口です。


テラスからはアンベールの街並みが見下ろせます。

ガネーシャ・ポール (ガネーシャの門)

内廷への入り口の門は「ガネーシャ・ポール」と呼ばれています。精密なモザイクが施され世界で最も美しい門とも言われています。


門を入ります。


門の内部です。


内廷

門を抜けると、庭園が広がります。正面が、ジャイ・マンディルです。


スク・ニワース

手前、右手側にはスク・ニワースと呼ばれる大理石の建物です。



床には水路が設けられ、くつろぐためのスペースであったと言われています。


水路は庭園の中央の池まで流れています。

ジャイ・マンディル

スク・ニワースから庭園を挟んだ向かいにある建物が、ジャイ・マンディルと呼ばれる王の私的な謁見のための宮殿です。



天井にはガラスが埋め込まれています。


こちらがシーシュ・マハル(鏡の間)と呼ばれる部屋です。


中は小さな鏡が無数に張られています。


天井も鏡張りです。

テラス

スロープの通路を登り上の階に上がります。


こちらが2階部分です。


山の上のジャイガル要塞や、庭園を眺めることができます。



こちらの窓は、ガネーシャ門の上の窓にあたる部分です。


こちらはハンンマームと呼ばれるよ浴室


テラスの角にあずまやがあります。


周囲が良く見渡せます。


アンベールの街並みも見えます。


象で登ってくる観光客の姿も見えます。


ザナーナ・ハマル

さらに順路に沿って奥に進みます。


ザナーナ・ハマルと呼ばれる建物です。いわゆるハーレムです。


広場の中央には、建物があります。女性が遊んだり集まる場所だそうです。


石造りの建物のため、日差しが強くても日陰は涼しいです。ここでたむろするのも納得です。正面奥のテラスは王がザナーナ・ハマルの広場の様子を見るためのテラスです。


周囲は後宮の部屋になります。


出口に向かいます。


こちらの鍋は防衛用の武器とのこと、油を熱して城壁の上からかけるそうです。


従者たちの住まいがあった場所です。ちょっとした街の小道のような雰囲気です。


内部は補修されているようです。トイレもあります。


宮殿の前庭「ジャレブ・チョウク」に戻ってきました。


門を出ます。




四駆車でふもとまで下ります。



駐車場まで戻ってきました。

写真撮影


Olympus E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO 7mm
f/11 1/3200秒 ISO-2500


Olympus E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO 14mm
f/11 1/3200秒 ISO-2500


Olympus E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO 8mm
f/11 1/4000秒 ISO-2500

プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)