成田 (東京)からデリー (インド)への飛行機便 - 全日空 - B767-300 フライトレポート・飛行時間

バカンスでインドに行くことにしました。

成田空港 第一ターミナル

電車で成田空港第一ターミナルまでやってきました。


エスカレーターを上がって出発ロビーに向かいます。


出発ロビーに到着です。毎回ですが、ここまでくると、海外に行く気分になります。


今回はANA便ですので、ANAのカウンターでチェックインします。


今回はビジネスクラスです。ビジネスクラスのカウンターでチェックインします。


時刻とゲートを確認します。


チェックインと荷物を預けたのち、セキュリティーチェックを通り抜けます。


第一ターミナルは、下の階に降りて、出国ゲートになります。


出国ゲートを抜けると、免税店などがあります。

ANAラウンジ

今回はビジネスクラスなので、ANAのラウンジが利用できます。ANAのラウンジは、エスカレーターで上の階に登った場所が入り口です。


こちらがラウンジの入り口、高級感があります。


フロントはこちら、搭乗券のチェックがあります。


中はの様子はこんな感じ。入ってすぐの窓際より、奥のほうが人も少なく、静かで落ち着いて休めます。


各地の有名な日本酒が飲めます。


パンや食事も種類は多くはないですが一通りそろっています。


ワインなども飲めます。


ソフトドリンクやエスプレッソマシンもあります。


ゆっくり落ち着いて時間まで休むことができます。毎回ラウンジで食べすぎてしまうため、今回は食べ過ぎないようにほどほどにします。

搭乗

時間になったので搭乗口へ向かいます。


今回はボーディングブリッジではないため、階段を下りて1階に向かいます。


こちらが搭乗口です。


時間になりましたので、搭乗開始です。


ゲートを通り、バスに乗ります。


バスで飛行機に向かいます。今回の飛行機はこちらのようです。


タラップで搭乗です。


こちらが入り口。ANA WiFi Serviceのステッカーもあります。


今回のシートはこちら。長距離便でないため、フルフラットタイプではないシートです。


大型の液晶モニターが装備されています。


今回の機材はB767-300です。ワイドボディ機ですが、B777と比べると、ちょっと小さめです。ANA WiFi Serviceのカタログも入っています。


足元は広々です。


スリッパ、ノイズキャンセラーヘッドフォン、靴べらなどのアメニティーグッズも用意されています。

フライト

日も暮れてきました。


ウェルカムドリンクが出されます。シャンパンとオレンジジュースを飲みます。


ウェルカムドリンクが出されてしばらくすると出発です。夕闇迫る中、滑走路へと向かいます。


滑走路に到着です。


すぐに離陸です。


天気が良く下までよく見えます。




モニタのコントローラーはシートの側面にあります。ちょっと見つけにくい場所にあります。


マップ表示にしました。


飛行は順調です。


しばらくするとメニューが配られます。


テーブルがセットされました。食事のようです。


続けてグラスもセットされました。


ワインを飲むことにします。


アミューズです。ワインによく合います。


アペタイザーの白身魚と野菜のミルフィーユ仕立てです。


パンです。


パンに添えるオリーブオイルとバターもあります。


こちらはメインディッシュのチキンのソテーです。


こちらは、ブロッコリーオニオンチェダー風味のフランです。


食後のデザートのフォレノワールです。食後のコーヒーもあります。


食事が終わると上海の上空です。

トイレ

トイレに行きます。


洗面は一般的なものです。歯ブラシが用意されていますので歯が磨けます。


トイレも一般的な航空機のトイレです。


B767-300ですが、ウォシュレットがついています。これはうれしいです。




食後しばらくすると消灯になります。


シートはフルフラットにはなりませんが、160度程度にたおせます。


うとうとしていると、ミャンマー上空まで来てしまいました。


夜食を食べることにします。こちらはカツサンド。おいしいです。


こちらは、一風堂の味噌ラーメン。濃厚なみその風味がおいしいです。


緑茶と一緒に食べます。




食後のコーヒーも飲めます。


そろそろ到着のようです。


照明が明るくなり、夜食のオーダーストップの案内があります。その後、殺虫剤スプレーの散布があります。インドの検疫処理だそうです。


もうすぐ到着です。


高度が下がってきました。街の明かりが見えます。


着陸しました。


到着です。

インディラ・ガンディー国際空港

ボーディングブリッジから降ります。


長い通路を順路に従って進みます。


正面のエスカレーターを降ります。


エスカレーターを降りると入国ゲートです。仏の印相のオブジェが目を引きます。よく写真でも紹介される場所です。


入国ゲートを抜けるとターンテーブルです。


預けた荷物(スーツケース)をピックアップします。


税関のゲートから外に出ます。夜の遅い時間のため、係員はいませんでした。税関カードを箱に入れてそのまま出ます。


到着ロビーにつきました。


こちらが建物の外、タクシーなどでトラブルに会うなどの報告の多い、悪名高い空港ですが、一般的な空港の風景です。

補足

一応、インディラ・ガンディー国際空港は写真撮影禁止になっています。

フライト情報

フライト時間

  • 10時間25分
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)