成田 (東京)から成都 (中国)への飛行機便 - 全日空 - B767-300 フライトレポート・飛行時間

このページのタグ:[トラベル] [フライトレポート]
バカンスで四川省の山奥に行くことにしました。

成田空港 第一ターミナル

スカイライナーで成田空港第一ターミナルに向かいます。


成田空港第一ターミナルに到着です。


エスカレーターを上がって出発ロビーに到着です。


今回はANA便のため、ANAのカウンターでチェックインします。


座席はビジネスクラスなので、ビジネスクラスカウンターでチェックインします。列もほとんどなくスムーズにチェックインできます。


チェックイン後セキュリティー検査を通って中に入ります。



エスカレーターを降ります。


エスカレーターで下の階に降りると出国審査ホールです。

ANAラウンジ

出国審査を抜けた後は、搭乗までの時間を待ちます。今回はビジネスクラスなので、ANAのラウンジが利用できるため、ラウンジに入ります。


ANAのラウンジは、ホールの上の階にあります。エスカレーターで登ります。


こちらがラウンジの入り口です。


受け付けはこんな感じ。チケットを見せて中に入ります。


入るとすぐにラウンジの休憩スペースがあります。左手側の奥にもラウンジがあります。


前回は、奥のスペースは空いていたのですが、今回は結構混んでいます。アメリカ行きの便の出発が近いらしく外国人が奥のスペースで休憩しているため、混雑しているようです。とりあえず席を見つけます。


前回は、各地の有名な日本酒が取り揃えてありましたが、今回は埼玉県の日本酒飲み比べコーナーになっています。


食事はいろいろあります。唐揚げは相変わらずおいしいです。



ドリンクもいろいろあります。コーヒーはエスプレッソマシンが用意してあります。


あまり食べすぎると機内食が食べられなくなるため、ほどほどにします。

搭乗

時間になったので、ラウンジを出て搭乗口へと向かいます。


今回の搭乗口は、ラウンジのすぐ下になります。ラウンジから出てエスカレーターを下ります。


こちらが今回の搭乗口


ゲートを確認します。変更はなく、予定通りに出発するようです。


時間になったので搭乗開始です。


搭乗券の確認後、バスに乗って飛行機へ向かいます。


飛行機に到着です。今回はこちらの飛行機です。


タラップから搭乗します。


こちらが入り口、ANA WiFi Serviceのロゴも見えます。


今回のシートはこちら。長距離便でないため、フルフラットタイプではないシートです。


シートのわきには収納ポケットがあり、毛布や雑誌などを入れておけます。


今回の機材はB767-300 です。


前面には大型の液晶モニタが付属しています。足元も広々です。


外の様子です。今回はかなり前方の席です。


座席のポケットにスリッパとノイズキャンセラー付きヘッドフォンが入っています。スリッパには、スリッパ入れの袋と靴ベラも入っています。


搭乗が終わったようです。


飛行機が小さいため、搭乗時間がかからなかっためか、ウェルカムドリンクのサービスはありませんでした。


蒸気でアイマスクの配布がありました。

フライト

滑走路へと向かいます。


夕闇迫る中、離陸です。


離陸後、シートのリクライニングが使えるようになります。めいいっぱいリクライニングした状態が下図です。


食事のメニューは座席のポケットに入っています。


離陸してしばらくすると、ドリンクのサービスがあります。デリー便では白い布のテーブルクロスを敷いてもらえますが、成都便では青い薄い布のクロスが敷かれます。コスト削減の一環だそうです。


ANA WiFi Serviceの説明書も入っています。ANA WiFi サービスの利用についてはこちらの記事を参照してください。

食事

ドリンクサービスののち、食事が出されます。


こちらは洋食。


和食はこんな感じです。みそ汁がおいしそうです。


エンターテイメントシステム(モニタ)のコントローラーは座席の脇にあります。ちょっと見つけにくい場所です。


食事が終わると、九州付近を飛行中です。

トイレ

トイレは一般的な飛行機のトイレです。


トイレはウォシュレット付きです。


洗面も標準的です。


歯ブラシも用意されており、歯磨きもできます。



うとうとしていると、そろそろ到着です。あっという間です。


眠気覚ましに紅茶を飲むことにします。


ほどなくして着陸です。成都双流国際空港に到着です。


飛行機を降ります。

成都双流国際空港

タラップではなく、ボーディングブリッジがつけられていました。


パンダの"Welcome to Chengdu"の看板があります。四川省らしいです。


長い通路を進みます。


通路の先に入国審査カウンタがあります。


入国カウンタを抜けると、荷物のターンテーブルがあります。


ターンテーブルで荷物を受け取り、検疫、税関を抜けます。


到着ホールに出られます。ホールは狭めで、すぐ外に出られます。外は一般的な空港の風景です。


かなりあっさり成都に着いてしまいました。


地図ではこちらになります。

フライト情報

フライト時間

  • 5時間20分
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)