華生酒店 のレポート・写真

このページのタグ:[トラベル] [トラベル 海外] [中国観光]
峨眉山の華生酒店に宿泊します。

外観

入口はこちら


獅子の像がお出迎えです。


地図ではこちらです。

ロビー

ロビーはこんな感じ。中国のホテルは殺風景なロビーが多いような気がします。

昼食

先に昼食を取ります。昼食会場は2階です。


こちらがレストラン


あっという間に食器がセットされて食べ物が出てきました。前菜の鴨とピーナッツです。



ジャスミンティーも出ます。お茶は薄めです。


肉団子なども出されます。


こちらは炒め物。


豚肉を煮たもののようです。背脂がたっぷりです。見た目の通り、かなり辛いのですが、とてもおいしいです。


トマトスープです。


青菜のスープです。


デザートの月餅です。普段は出ないそうですが、シーズンなので出るとのこと。

夕食

峨眉山から帰ってきて夕食にします。



こちらが夜のロビー


夕食はこちらのレストランでとります。


こちらがテーブル、中国はどこに行っても丸テーブルです。


食器がセットされました。


前菜のピーナッツです。


お茶も出されます。中華料理ではお茶が必ず付くのでうれしいです。


冬瓜のスープです。おいしいです。


鴨です。


空芯菜(ヨウサイ)の炒め物です。日本ではあまり食べられませんが、おいしいです。


ソウギョを豆板醤で煮込んだものです。豆瓣魚(doubanyu)と呼ばれる料理です。唐辛子をたっぷり入れることで川魚のくせを消しています。




かぼちゃの水煮です。日本のものよりも水っぽいですが、食べやすくておいしいです。


いろいろな炒め物があります。


ビールを注文したところ、「雪花」という銘柄のビールが出されました。地ビールではなく、メジャーブランドのビールとのこと。あっさりした味でおいしいです。若干薄い感じはあります。炭酸分も弱すぎず、強すぎずちょうどよいです。


白菜の炒め物です。


四川料理らしい料理です。ラー油にシナチクなどが入っているスープです。激辛ですが、おいしいです。


デザートはスイカです。


シーズン中とのことで、月餅も出されます。

部屋

食事も済んだので、部屋に向かいます。


こちらが部屋です。かなり広い部屋です。


家具などもゆったり置かれています。


テレビは液晶テレビです。


冷蔵庫も用意してありますが、中は空です。


お茶やコーヒーは一通りあります。お湯を沸かすポットも用意されています。

洗面・浴室

水回りは、あまりよくない感じです。


シャワールームもあります。


ガラス張りのしゃれた洗面台なのですが、水漏れしていました。


アメニティグッズは普通です。


トイレは普通です。


部屋には大きめの窓がついています。


窓からの景色はこんな感じ。ほかの部屋から見えそうな感じがあります。

朝食

朝食はこちらのレストランでとります。昼食をとったレストランの手前の部屋です。


中はこんな感じ。


席は結構あります。


お茶やコーヒーも飲めます。


フレークやヨーグルト、ミルクもあります。


このホテルの朝食は蒸し物が多いような印象です。


生野菜もあります。


連日、油っぽい中華料理を食べ続けたので、あっさりしたものを食べます。


パンも少しだけあります。


カウンタでは麺も注文できます。出来上がった麺には味が全くついていないため、こちらの薬味を入れて味付けします。


うどんのような食感でおいしく食べられます。

外観(朝)

ホテルの外観です。


入り口です。



部屋が広めで、なかなか過ごしやすいホテルでした。水回りはちょっとしょぼいです。

登録日 :2016-09-23    最終更新日 :2016-10-10
このページのタグ:[トラベル] [トラベル 海外] [中国観光]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)