SQL Server エージェントを起動する

このページのタグ:[SQL Server]
SQL Server エージェントを起動する手順を紹介します。

手順

[SQL Server 構成マネージャー]を起動します。起動後、左側のノードで[SQL Serverのサービス]ノードをクリックして選択します。下図の画面が表示されます。


右側のリストビューから[SQL Server エージェント]のサービスをクリックして選択します。選択後、右クリックしポップアップメニューを表示します。メニューの[開始]をクリックします。


ダイアログボックスが表示され、SQL Server エージェントのサービスが開始されます。


サービスが起動できると、[状態]欄が"実行中"の表示に切り替わります。

SQL Server エージェントを自動起動する

SQL Server エージェントを自動起動にする場合の設定手順を紹介します。

[SQL Server 構成マネージャー]を起動します。起動後、左側のノードで[SQL Serverのサービス]ノードをクリックして選択します。右側のリストビューから[SQL Server エージェント]のサービスをクリックして選択します。選択後、右クリックしポップアップメニューを表示します。メニューの[開始]をクリックします。


[SQL Server エージェントのプロパティ]ダイアログが表示されます。


[開始モード]のコンボボックスを開きます。ドロップダウンリストから[自動]を選択します。


[開始モード]が"自動"に設定されました。ダイアログボックスの[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。


SQL Server 構成マネージャーのウィンドウのの右側のサービス一覧の、SQL Server エージェントの項目の[状態]欄が"実行中"の表示に切り替わります。


以上で設定は完了です。

登録日 :2016-04-24    最終更新日 :2016-04-24
このページのタグ:[SQL Server]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)