データベースをデタッチする

このページのタグ:[SQL Server]
SQL Serverでデータベースをデタッチする手順を紹介します。

手順 (SQL Server Management Studio を利用する)

SQL Server Management Studio を起動します。下図のウィンドウが表示されます。


左側の[オブジェクトエクスプローラー]のツリービューでSQL Serverのノード内にある、[データベース]ノードを開きます。サーバーにあるデータベースが子ノードとして表示されますので、デタッチするデータベースのノードをクリックして選択します。データベースのノードを選択した状態で右クリックしポップアップメニューを表示します。ポップアップメニューの[タスク]メニューの[デタッチ]サブメニューをクリックします。


[データベースのデタッチ]ダイアログが表示されます。


データベースに接続があるとデタッチできませんので、[接続の削除]のチェックボックスにチェックをします。設定ができたらダイアログ右下の[OK]ボタンをクリックします。


データベースのデタッチが開始されます。


データベースのデタッチが完了すると、オブジェクトエクスプローラからデタッチしたデータベースは表示されない状態になります。

手順 (SQL文を利用する)

SQL文を利用してデータベースをデタッチする場合は、sp_detach_db ストアドプロシージャーを利用します。

書式

sp_detach_db @dbname='(デタッチするデータベース名)'
sp_detach_db '(デタッチするデータベース名)'

コマンド例


sp_detach_db 'SandBox'
上記コマンドにより、SandBoxデータベースをデタッチします。

実行結果



デタッチができた場合は[コマンドは正常に完了しました。]のメッセージが出力されます。

補足

データベースへの接続がある場合には、デタッチは失敗し、[データベース '(データベース名)'は現在使用中なので、デタッチできません。]のメッセージが出力されます。


プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)