SQL Server データベースの復旧モデルを変更する

このページのタグ:[SQL Server]
SQL Server データベースの復旧モデルを変更する手順を紹介します。

Microsoft SQL Server Management Studio を起動し、データベースサーバーに接続します。
接続後、左側のツリービューで[データベース]ノード内の復旧モデルを変更するデータベースのノードを選択します。右クリックしポップアップメニューを表示し、[プロパティ]メニューを選択します。


[データベースのプロパティ]ダイアログが表示されます。左側の[ページの選択]エリアの[オプション]をクリックして選択します。


[オプション]ページを選択すると下図の画面に切り替わります。


ウィンドウ上部の[復旧モデル]のコンボボックスを開き、変更したい復旧モデルを選択します。


設定後、ダイアログ下部の[OK]ボタンをクリックし設定を反映させます。設定反映後ダイアログは閉じられます。

復旧モデルについて

それぞれの復旧モデルは以下の動作になります。
復旧モデル名称動作
完全完全復旧モデルログのバックアップをとるモデルです。ログをバックアップすることで任意の時点にデータベースを復元できます。
一括ログ一括ログ復旧モデルログのバックアップをとるモデルです。最後のバックアップ時点のみしか復旧できませんが、トランザクションログのサイズが小さくて済みます。
単純単純復旧モデルログのバックアップをとらないモデルです。最後のバックアップ以降の変更は保護されません。データベースがクラッシュするると最後にバックアップをとった時点でのリカバリとなります。こまめにバックアップをとっていないと、クラッシュ時に多くのデータが失われるデメリットがありますが、トランザクションログが再利用されるため、データベースのサイズが小さくて済む、トランザクションログの管理をしなくてよいなどのメリットがあります。

プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)