SQL Server にリモートから接続できない - インターネット経由 NAT経由での SQL Server 接続での設定忘れTips

このページのタグ:[SQL Server]
SQL Server にネットワークや、インターネット経由などで、リモート接続できない場合のTipsを紹介します。

一般的なネットワーク接続環境の場合


一般的なネットワーク接続環境の場合、以下の設定の必要があります。
  1. ルーターのフィルタ解除
  2. SQL Server 構成マネージャーでの TCP/IP 許可
  3. Windows ファイアウォールでのSQL Server への接続許可
  4. ポートフォワーディング、NAT、IPマスカレードの処理
となります。

よくある事例

Windows ファイアウォールの設定忘れ

ネットワーク機器等の設定はしたが、Windows ファイアウォールの設定のし忘れにより、接続できない場合があります。

ポートフォワーディング、IPマスカレードの設定をしたが、パケットフィルターの設定をしていない。

ポートフォワーディング、IPマスカレードの設定をしたが、ルーターのパケットフィルタの設定をしていないため、接続できない場合があります。

ポートフォワーディング、IPマスカレードの設定をしていない

ポートフォワーディング、IPマスカレードの設定がされていないため、接続できない場合があります。ルーティングもしている場合、接続経路と同じ経路に対してルーティングの必要があるので、ルーティングの設定も合わせて確認します。

Microsoft Azure / AWS の場合


Microsoft AzureやAWSの場合、以下の設定の必要があります。
  1. ネットワーク セキュリティグループのポート開放
  2. SQL Server 構成マネージャーでの TCP/IP 許可
  3. Windows ファイアウォールでのSQL Server への接続許可
となります。

よくある事例

ネットワーク セキュリティグループのポート開放忘れ

サーバー側は設定されていても、セキュリティグループのポート開放をし忘れているため、接続できない場合があります。

Windows ファイアウォールの設定忘れ

サーバーやセキュリティグループの設定はしたが、Windows ファイアウォールの設定のし忘れにより、接続できない場合があります。

手順の詳細

SQL Server 構成マネージャーでの TCP/IP 許可

SQL Server 構成マネージャーでの TCP/IP 許可の設定手順についてはこちらの記事を参照してください。

Windows ファイアウォールでの SQL Server 接続許可

Windows ファイアウォールでSQL Serverへの接続を許可するための設定手順についてはこちらの記事を参照してください。

プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)