スケジューリングによる定期的なデータベースの自動バックアップ

このページのタグ:[SQL Server]
SQL Serverでの自動バックアップの手順を紹介します。

手順

SQL Server Management Studioを起動します。


左側の[オブジェクトエクスプローラ]ウィンドウの、サーバーノードの下の[管理]ノード内の[メンテナンスプラン]ノードを選択します。選択後、右クリックでポップアップメニューを表示します。メニューの[メンテナンス プラン ウィザード]を選択します。


補足

SQL Server エージェントが起動していない場合は、下図の
'Agent XPs'コンポーネントは、このサーバーのセキュリティ構成の一環としてDFFに設定されています。システム管理者は sp_configure を使用して、'Agent XPs'の使用を有効にできます。'Agent XPs'を有効にする手順の詳細については、SQL Server オンラインブックの「セキュリティ構成」を参照してください。
メッセージが表示されます。
SQL Server エージェントの起動手順についてはこちらの記事を参照してください。




[SQL Server メンテナンス プラン ウィザード]ダイアログが表示されます。[次へ]ボタンをクリックします。


[プランのプロパティを選択]画面が表示されます。


[名前]テキストボックスにプラン名を入力します。他の項目はデフォルトのままの設定とします。画面下部の[スケジュール]欄の右側の[変更]ボタンをクリックします。


[新しいジョブ スケジュール]ダイアログが表示されます。


自動バックアップの頻度、スケジュールを設定します。今回は、毎週月曜日の2:00に実行するスケジュールとします。設定ができたら、ダイアログ下部の[OK]ボタンをクリックします。


[プランのプロパティを選択]画面に戻ります。スケジュールの欄が更新されてことを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。


[メンテナンス タスクの選択]画面が表示されます。今回はバックアップのため、[データベースのバックアップ(完全)]のチェックボックスにチェックをします。チェック後[次へ]ボタンをクリックします。


[メンテナンス タスクの順序を選択]画面が表示されます。複数のタスクがある場合は実行順序を指定できます。今回はタスクが一つしかないため[次へ]ボタンをクリックします。


[データーベースのバックアップ(完全)タスクの定義]ダイアログが表示されます。


[データベース]のコンボボックスをクリックします。下図のドロップダウンウィンドウが表示されます。


[これらのデータベース]ラジオボタンをチェックし、バックアップするデータベースのチェックボックスにチェックをつけます。チェック後[OK]ボタンをクリックします。


[データベース]のコンボボックスの内容が、"特定のデータベース"の表示であることを確認します。


[バックアップ先]タブをクリックします。下図の画面が表示されます。


[すべてのデータベースにバックアップファイルを作成する]ラジオボタンにチェックされていることを確認します。[フォルダ-]のテキストボックスにデータベースのバックアップファイルの出力先を指定します。


[オプション]タブをクリックします。バックアップの圧縮の設定などが指定できます。今回はデフォルトのままとします。設定ができたら[次へ]ボタンをクリックします。


[レポート オプションの選択]画面が表示されます。今回はデフォルトのままとします。[次へ]ボタンをクリックします。


[ウィザードの完了]画面が表示されます。[完了]ボタンをクリックします。


[メンテナンス プラン ウィザードの進行状況]画面が表示され、メンテナンスプランの設定が始まります。


メンテナンスプランの作成が成功すると、下図の成功画面が表示されます。[閉じる]ボタンをクリックしてウィザードを終了します。


SQL Server Management Studio に戻ります。[管理]ノード内の[メンテナンスプラン]ノードの下に作成したメンテナンスプランのノードが追加されます。


メンテナンスプランの作成は以上で完了です。

メンテナンスプランの実行

処理が正しく実行できるかメンテナンスプランを実行します。SQL Server Management Studio の。[管理]ノード内の[メンテナンスプラン]ノードの下に作成したメンテナンスプランのノードをクリックして選択します。右クリックし、ポップアップメニューを表示します。メニューの[実行]をクリックします。


[メンテナンス プランの実行]ダイアログが表示されます。


メンテナンスプランの実行が正常に完了すると、下図の成功画面が表示されます。[閉じる]ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。


指定したディレクトリにデータベースのバックアップファイルが作成されています。


プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)