SQL Server 2016 SP1 を適用する

このページのタグ:[SQL Server] [SQL Server 2016]
SQL Server 2016 SP1 をインストールします。

インストール手順

今回は SQL Server 2016 SP1 のISO形式のファイルを入手しました。


ISOファイルをクリックして選択し、右クリックします。ポップアップメニューが表示されますので [マウント]メニューをクリックします。ISOファイルをマウントします。


ISOファイルをマウントすると仮想ドライブが表示されますので、ドライブを開きます。ルートディレクトリにセットアップファイルが配置されています。32ビット版と64ビット版のインストーラー2種類が配置されています。今回は64ビット版のインストーラーを実行します。


ファイルの展開が始まります。


ファイルの展開後、初期化処理が実行されます。


下図のウィンドウが表示され、ルールチェックが実行されます。


ルールチェック完了後、下図の[ライセンス条項]ダイアログが表示されます。


ダイアログ下部の[ライセンス条項に同意します。]のチェックボックスにチェックをします。チェック後ダイアログ右下の[次へ]ボタンをクリックします。


[機能の選択]ダイアログが表示されます。今回はデフォルトのままとします。ダイアログボックス右下の[次へ]ボタンをクリックします。


[使用中のファイルの確認]処理が実行されます。


ファイルの確認が完了すると、下図の画面となります。[次へ]ボタンをクリックします。


[更新準備完了]画面が表示されます。内容を確認しダイアログ右下の[更新]ボタンをクリックします。


SQL Serverの更新処理が始まります。



更新処理が完了すると、下図の[完了]画面が表示されます。SQL Server 2016 SP1が適用できました。

インストールの確認

SQL Server 2016 SP1にアップデートできたか確認します。SQLのクエリに
SELECT @@VERSION
コマンドを入力して実行します。
Microsoft SQL Server 2016 (SP1) (KB3182545) - 13.0.4001.0 (X64) Oct 28 2016 18:17:30 Copyright (c) Microsoft Corporation Enterprise Edition (64-bit) on Windows Server 2016 Standard 6.3 <X64> (Build 14393: ) (Hypervisor)
の出力が返され、SQL Server 2016 SP1 であることが確認できます。


SELECT SERVERPROPERTY('productversion')
コマンドを実行し、バージョン番号が"13.0.4001.0"になっていることを確認する方法もあります。


登録日 :2017-01-10    最終更新日 :2017-01-10
このページのタグ:[SQL Server] [SQL Server 2016]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)