SQL Server 2016 にネットワーク経由で接続できるようにする
このページのタグ:[SQL Server] [SQL Server 2016]
SQL Server 2016 にネットワーク経由で接続できるようにする手順を紹介します。

SQL Server 2016 のインストール

SQL Server 2016 をインストールします。インストール手順はこちらの記事を参照してください。

SQL Server 2016 のファイアウォール設定

SQL Server 2016 にアクセスできるようにファイアウォールを設定します。設定手順や設定の詳細はこちらの記事を参照してください。

SQL Server 2016 のネットワーク設定

上記の設定をしても、SQL Server Express Editionでは、ネットワーク経由で接続できないことがあります。その場合は、SQL Server 2016の構成を確認します。

アプリの一覧から、[SQL Server 2016 構成マネージャー]をクリックします。


[SQL Server 2016 構成マネージャー]のウィンドウが表示されます。


左側のツリービューで[SQL Server のネットワークの構成]ノード内の[(SQL Server インスタンス名) のプロトコル]ノードをクリックして選択します。右側にプロトコルの一覧が表示されます。プロトコルの"TCP/IP" の状態を確認すると「無効」の状態になっています。


右側のプロトコル一覧から、"TCP/IP" をクリックして選択し、右クリックします。ポップアップメニューが表示されますので、メニューの[有効化]をクリックします。


下図の[加えた変更はすべて保存されます。ただし、サービスを停止して再開するまで、その変更は有効になりません。]の警告ダイアログが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。


プロトコルの"TCP/IP" の状態が[有効]に変わります。


左側のツリービューで[SQL Server のサービス]ノードをクリックし、右側のサービス一覧で、[SQL Server]の項目を選択し、右クリックポップアップメニューの[再起動]をクリックして、SQL Server を再起動します。


SQL Server再起動後、ネットワーク経由で接続できるか確認します。

登録日 :2016-10-06    最終更新日 :2016-10-06
このページのタグ:[SQL Server] [SQL Server 2016]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)