SQL Server のフルテキストインデックスを作成する (SQL Server Management Studio を利用)

このページのタグ:[SQL Server] [フルテキストインデックス]
SQL Server Management Studio を利用して、SQL Server のフルテキストインデックスを作成する手順を紹介します。

準備

下図の構造のテーブルを作成します。


作成したテーブルにレコードを追加します。下記のレコードを追加しました。

フルテキストインデックスの作成

SQL Server Management Studioを起動します。左側のツリービューで、データベースのノード内の[テーブル]ノード内の先ほど作成したテーブルをクリックして選択します。選択状態で右クリックするとポップアップメニューが表示されます。メニューの[フルテキストインデックス]のサブメニューの[フルテキストインデックスの定義]をクリックします。


[フルテキスト インデックス作成ウィザード]のダイアログボックスが表示されます。[次へ]ボタンをクリックします。


テーブルのインデックスを選択します。一意インデックス、または、主キーがテーブルに設定されていれば、コンボボックスに候補が表示されます。使用する一意インデックスを選択します。選択後[次へ]ボタンをクリックします。


インデックスを作成するテーブル列を選択します。


今回は"memo","name"列のフルテキストインデックスを作成します。作成する列のチェックボックスにチェックをつけます。設定ができたら[次へ]ボタンをクリックします。


変更の追跡方法を設定します。今回はデフォルトのままの"自動"とします。[次へ]ボタンをクリックします。


カタログの設定をします。今回、新しく作成したテーブルにフルテキストインデックスを作成するため、カタログがない状態のため、カタログは新規作成します。


[新しいカタログ]の[名前]欄のテキストボックスにカタログ名を入力します。他のオプションはデフォルトのままとします。[次へ]ボタンをクリックします。


フルテキストインデックスの作成スケジュールを設定します。今回はスケジュールは設定しないため、変更はせず[次へ]ボタンをクリックします。


フルテキストインデックス作成の設定が完了しました。


設定内容は下図の通りです。ダイアログの[完了]ボタンをクリックして、フルテキストインデックスの作成を開始します。


フルテキストインデックスの作成が始まります。フルテキストインデックスの作成が完了すると下図の画面となります。[閉じる]ボタンをクリックしてウィザードを終了します。

フルテキストインデックス作成の確認

フルテキストインデックスが作成されると、テーブルを選択し右クリックした際に表示されるポップアップメニューの[フルテキストインデックス]メニューのサブメニューで[フルテキストインデックスの削除]や[フルテキストインデックスの無効化]メニューが選択できる状態となります。


登録日 :2015-08-24    最終更新日 :2015-08-24
このページのタグ:[SQL Server] [フルテキストインデックス]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)