Google Maps JavaScript API の APIキーを取得する

このページのタグ:[HTML] [JavaScript] [Google Map]
Google Maps JavaScript API の APIキーを取得する手順を紹介します。

手順

Google API Console (https://console.developers.google.com/apis/)にアクセスします。ログインすると下図の画面が表示されます。


[Google Maps API]セクションの[Google Maps Javascript API]のリンクをクリックします。

Google Maps Javascript APIの有効化

Google Maps Javascript APIの設定画面が表示されます。画面上部の[有効にする]ボタンをクリックします。


[有効にしています。]の表示になります。


Google Maps Javascript APIが有効になると、ボタンが[無効にする]の表示に変わります。

APIキーの作成と取得

左側のメニューの[認証情報]をクリックします。下図の画面に切り替わります。右側のエリアの画面上部の[認証情報を作成]ボタンをクリックします。


ポップアップメニューが表示されます。メニューの一番下の[ウィザードで選択]をクリックします。


下図の[プロジェクトへの認証情報の追加]画面が表示されます。


[使用するAPI]の項目のコンボボックスを開き"Google Maps JavaScript API"を選択します。[APIを呼び出す場所]のコンボボックスを開き"ウェブブラウザ (JavaScript)"を選択します。選択後下部の[必要な認証情報]ボタンをクリックします。


下図の[2.APIキーを作成する]画面が表示されます。


[名前]の欄のテキストボックスに今回登録するAPIの名称を設定します。任意の名前が設定できますので、使用目的に合わせたわかりやすい名前を設定します。[このHTTPリファラー (ウェブサイト) 空のリクエストを受け入れる]の欄には呼び出し元のWebページのURLやドメイン名を設定します。設定ができましたら下部の[APIキーを作成する]ボタンをクリックします。


[3.認証情報を取得する]画面が表示されます。[完了]ボタンをクリックします。


認証情報画面が表示されます。APIキーが作成され、一覧に表示されます。右側の[キー]の項目の文字列がAPIキーになります。


プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)