[JavaScript] HTML Canvas を利用して線を描画する
このページのタグ:[JavaScript] [HTML] [HTML Canvas]
HTML Canvas を利用して線を描画するコードを紹介します。

概要

HTML Canvasで線を描画するには、Canvasコンテキストの、MoveTo(), LineTo()メソッドを利用します。

例1

コード

下記のHTMLファイルを作成します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8"/>
    <title></title>
	<meta charset="utf-8" />
    
    <script type="text/javascript">
       function draw() {
          var canvas = document.getElementById('SimpleCanvas');

          if ( ! canvas || ! canvas.getContext ) {
            return false;
          }

          var context = canvas.getContext('2d');
          context.beginPath();
          context.moveTo(120, 60);
          context.lineTo(240, 90);
          context.stroke();
      }
    </script>
</head>
<body onload="draw()" style="background-color:#D0D0D0;">
    <canvas id="SimpleCanvas" width="640" height="480" style="background-color:#FFFFFF;"></canvas>
    <div>Canvas Demo</div>
</body>
</html>

解説


  function draw() {
    var canvas = document.getElementById('SimpleCanvas');

    if ( ! canvas || ! canvas.getContext ) {
      return false;
    }

    var context = canvas.getContext('2d');
    context.beginPath();
    context.moveTo(120, 60);
    context.lineTo(240, 90);
    context.stroke();
  }
上記のJavaScriptが描画のコードです。document.getElementById()メソッドでCanvasオブジェクトを取得し、CanvasオブジェクトのgetContext()メソッドを呼び出してCanvasコンテキストを取得します。
コンテキストのbeginPath()メソッドを呼び出してパスを開始します。moveTo()でペンを指定した位置に移動し、lineTo()メソッドで指定した位置へ線を描画します。stroke()メソッドを呼び出すことで描画が実行されます。

実行結果

HTMLファイルを表示します。下図の結果を得られます。

例2

コード

下記のHTMLファイルを作成します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8"/>
    <title></title>
	<meta charset="utf-8" />
    
    <script type="text/javascript">
       function draw() {
          var canvas = document.getElementById('SimpleCanvas');

          if ( ! canvas || ! canvas.getContext ) {
            return false;
          }

          var context = canvas.getContext('2d');
          context.beginPath();
          context.moveTo(120, 60);
          context.lineTo(240, 90);
          context.stroke();

          context.beginPath();
          context.moveTo(120, 75);
          context.lineTo(260, 120);
          context.stroke();

          context.beginPath();
          context.moveTo(160, 100);
          context.lineTo(200, 140);
          context.lineWidth = "3";
          context.stroke();

          context.beginPath();
          context.moveTo(200, 40);
          context.lineTo(360, 120);
          context.strokeStyle = '#00C080';
          context.stroke();

          context.beginPath();
          context.moveTo(40, 20);
          context.lineTo(80, 160);
          context.strokeStyle = '#C00080';
          context.lineWidth = "1";
          context.stroke();

          context.beginPath();
          context.moveTo(400, 10);
          context.lineTo(380, 200);
          context.strokeStyle = "rgb(96, 96, 225)";
          context.stroke();
      }
    </script>
</head>
<body onload="draw()" style="background-color:#D0D0D0;">
    <canvas id="SimpleCanvas" width="640" height="480" style="background-color:#FFFFFF;"></canvas>
    <div>Canvas Demo</div>
</body>
</html>

解説

上記のコードでは、線の太さや色を変更しています。
線の太さを変更する場合は、CanvasのContextのlineWidthプロパティに線の太さを設定します。
線の色を変更する場合は、ContextのstrokeStyleプロパティに描画色を指定しいます。色指定は"#RRGGBB"の形式、"regb(rrr,ggg,bbb)"の形式、"blue", "red"などの色名が利用できます。定義されている色名についてはこちらの記事を参照してください。
また、一度設定した値は、beginPath()で新しいパスを作成しても初期化されずそのまま引き継がれます。


  context.beginPath();
  context.moveTo(160, 100);
  context.lineTo(200, 140);
  context.lineWidth = "3";
  context.stroke();

  context.beginPath();
  context.moveTo(200, 40);
  context.lineTo(360, 120);
  context.strokeStyle = '#00C080';
  context.stroke();
上記のコードの場合、2本目の線はlineWidthが指定されていないため、前で指定したlineWidthの値が利用され、太さ3の線が描画されます。

実行結果

HTMLファイルを表示します。下図の結果を得られます。

プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)