HPE ProLiant サーバーのBIOSアップデータがダウンロードできない

このページのタグ:[ハードウェア] [HPE ProLiant] [HPE ProLiant ML30 Gen9]
HPE ProLiant サーバーのBIOSアップデータをダウンロードする手順を紹介します。

現象

HPEのサイトでサポートメニューからサーバーのドライバをダウンロードできます。


ネットワークドライバなど、デバイスドライバのダウンロードはこれまでと同様にダウンロードできます。


しかし、BIOSアップデーターのダウンロードは、鍵アイコンのついたボタンになっており、ダウンロードできないようです。ボタンをクリックしてみます。


[サポートの検証が必要です]のダイアログが表示され、認証が求められます。

ダウンロードの手順

BIOSアップデータのダウンロードボタンをクリックします。


下図の[サポートの検証が必要です]のダイアログが表示されます。[Sign-in now]ボタンをクリックします。


HPパスポートのサインイン画面が表示されます。HPパスポートのID、パスワードを入力してログインします。HPパスポートのアカウントが無い場合は、画面下部の[アカウントを作成してください]のボタンをクリックしてアカウントを作成します。
(ハードウェア故障などで部品交換手続きなどをしていれば、HPパスポートのアカウントが既に作成されているはずです。)


ログイン後、再度、BIOSアップデータのダウンロードボタンをクリックします。


[サポートの検証が必要です]のダイアログが表示されますが、先ほどと表示内容が若干違います。製品が登録されていないという旨のメッセージが表示されています。ダイアログの[Contracts & warranties]ボタンをクリックします。


下図のHewlett Packard Enterprise サポートセンターの画面が表示されます。


画面を下にスクロールすると[標準保証をリンク]のリンクがありますので、こちらをクリックします。


[標準保証をリンク]画面が表示されます。


画面を下にスクロールすると、製品登録のエリアがあります。


利用しているProLiantサーバー(BIOSアップデーターを適用させるサーバー)の情報を登録します。製品シリアル番号には10ケタの文字列(Server Serial Number)を入力します。(日本で購入したものであればJPから始まっている可能性が高いです)
製品番号は、(6桁)-(3桁)の製品番号(Product ID)を入力します。必要に応じてニックネームや所有権のタイプを設定します。
設定後画面右下の[送信]ボタンをクリックします。


登録情報に問題が無ければ、[標準保証がリンクされました]の画面が表示されます。


ドライバダウンロード画面を表示すると、BIOSアップデーターのダウンロードボタンが緑色のボタン表示に変わり、ダウンロードできる状になります。


以上の手順で、BIOSアップデーターをダウンロードできます。

プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)