キーボードの掃除方法

このページのタグ:[ハードウェア] [キーボード]
キーボードの掃除方法について紹介します。

概要

キーボードにコーヒーや飲み物をこぼしてしまったときや、長年の利用でキーボードの隙間にごみがたまってきます。この記事ではキーボードの掃除の手順を紹介します。

手順

キーボードカバーを開ける

キーボードのカバーを開きます。ねじ止めされているキーボードの場合はドライバでねじを緩めます。ツメで固定されているタイプのキーボードはツメを持ち上げてカバーを外します。

キートップを外す

キートップを外します。キートップを外すためには、キートップを真上に引き抜く必要があるため、専用の工具(キープラー)を用意して引き抜くと楽です。キープラーについてはこちらの記事を参照してください。


キーの位置が分からなくなる場合がありますので事前に写真を撮影しておくとよいです。

キートップを外した状態です。

キートップの洗浄

キートップを洗います。ボウルにキートップを入れ、中性洗剤と水を入れてかき回してもみ洗いします。5分ほどかき回すときれいになります。
汚れがひどい場合は、メラミンスポンジなどでこするときれいになります。

食洗器の小物入れにキートップを入れて食洗器で洗う方法もおすすめです。時間はかかりますが確実に汚れが落とせます。

基板側の清掃

基板側は電子部品のため、掃除機で細かいごみを吸い取ったのち、アルコールティッシュや濡れティッシュでふきます。汚れがひどい場合はメラミンスポンジを利用するのも良いです。
基板だけでなく、ケースの中にもごみがたまっているので、掃除機などでしっかり掃除すると良いです。

乾燥

飲み物をこぼしてしまった場合などは、水分があるとショートしてキーボードが動作しなくなるため、しっかりと乾燥させます。エアコンの近くに置いたり、ドライヤーで温風を吹き付けるなどして乾燥させます。

組み立て

キートップを取り付け、カバーをつけます。キーの位置が分からなくなった場合は事前に撮影した写真を見ながら組み立てます。

動作確認

最後に動作を確認して掃除完了です。

登録日 :2017-01-09    最終更新日 :2017-01-09
このページのタグ:[ハードウェア] [キーボード]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)