イラストや漫画用の口の書き方の紹介記事です。写実の正確さよりもそれっぽく見えるものを手早く簡単に書く方法です。

基本パターン

口の位置を決めます。横棒であたりを取ります。


上唇と下唇を書きます。


口の中(歯など)を書きます。その後輪郭を取り出して完成です。


デフォルメ

基本パターンは先に紹介したとおりですが、リアルすぎるのでもう少しデフォルメすることが多いかと思われます。デフォルメの方法を紹介します。

先の基本パターンから下図の赤線の部分のみを取り出します。


赤線部分を取り出しました、口角(口の両端)の部分をす少し太くします。


輪郭を取り出して完成です。


上唇の中央が手前に出るように書くとそれらしくなります。


その他のデフォルメ

口はデフォルメの許容範囲が広いので、口の位置に線が書いてあれば口に見えます。

口を閉じているパターン



口を開いているパターン




上唇が下唇よりも上にくるように書いたほうがそれらしく見えます。


上唇や下唇をしっかり書くとリアルな絵柄向きの口になります。


横から見た場合の口の描き方

顔を横から見た場合は、口は見えないのですが、漫画絵の場合はあえて口を書いてしまう場合があります。


下図の左のように顔の輪郭に口を書く場合や、右側のように顔の内側に口を書く場合などがあります。


下唇を少しふくらますとそれらしく見えます。また大きく口が開く場合は顎の位置が下げて顔の輪郭を変えるとより、らしく見えます。


歯を書く場合

口を大きく開いた場合は歯を書く場合があります。細かく書くと絵がうるさくなるので細かく書かないことが多いです。また、歯の縦線を書くケースはほとんどないです。上歯と下歯の境界線を書くことはあります。(下図参照)

登録日 :2011-07-31    最終更新日 :2016-05-11
このページのタグ:[デザイン] [イラスト・漫画]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)