イラストや漫画用の簡単な背中の書き方の紹介記事です。写実の正確さよりもそれっぽく見えるものを手早く書く方法です。

正面の描き方

背中のあたりを取ります。あたりの取り方についてはこちらの記事を参照してください。


背中を描く場合は、背中の中心のくぼみの線と肩甲骨の突起の線を描くことで背中とわかるようになります。正面から描いた場合は腕と胴体の付け根の線は胸が手前にあるため、胸側が手前なりますが、背中の場合はほぼ同じ高さになるため背中側の線を手前にする必要はありません。


輪郭を描いて完成です。背中の中心のくぼみ線は胸の下から腰の付け根までを目安にします。

斜めからの描き方

正面からの書き方と同様に、体のあたりを取ります。(参照)
あたりを取った後、輪郭を描きます。


登録日 :2011-11-24    最終更新日 :2016-05-11
このページのタグ:[デザイン] [イラスト・漫画]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)