C#のあれこれ。
 てはじめに、for文から。下記のDelphiのコードは…

C#ですと下のコードと等価になります。for ... to は <= 記号に置き換えられます。

if 文は下図のとおり、条件式は( )でくくる必要があります。delphi での exit は return に相当します。

switch 文は下の形式になります。delphiと違い、必ずbreak が必要です。


とりあえず、基本でした。

登録日 :2006-01-01    最終更新日 :2014-04-02
このページのタグ:[C#] [Delphi 2006]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)