[C#] WPFアプリケーションでTaskを用いた並列処理を実装する - TaskのサブスレッドからUIスレッドを呼び出す

このページのタグ:[C#] [WPF] [Task]
WPFアプリケーションでTaskを用いた並列処理を実装するコードを紹介します。

プログラム

UI

下図のUIを作成します。ButtonとTextBoxを1つずつ配置します。

コード

下記のコードを記述します。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;

namespace WpfTaskProc
{
  /// <summary>
  /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
  /// </summary>
  public partial class MainWindow : Window
  {
    public MainWindow()
    {
      InitializeComponent();
    }

    private void button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
      Task task = new Task(Proc);
      task.Start();
    }

    private void Proc()
    {
      Action<string> msg = new Action<string>(ShowMessage);

      for (int i = 0; i < 100; i++) {
        System.Threading.Thread.Sleep(200);
        Dispatcher.Invoke(msg, Convert.ToString(i));
      }
    }

    private void ShowMessage(string message)
    {
      textBox.Text += "Message:" + message + "\r\n";
    }


    /*
    //こちらのコードでも可
    private void Proc()
    {
      Action<string> msg = new Action<string>(message=>{
        textBox.Text += "Message:" + message + "\r\n";
      });

      for (int i = 0; i < 100; i++) {
        System.Threading.Thread.Sleep(200);
        Dispatcher.Invoke(msg, Convert.ToString(i));
      }
    }
    */

    /*
    //こちらのコードでも可
    private void Proc()
    {
      for (int i = 0; i < 100; i++) {
        System.Threading.Thread.Sleep(200);
        Dispatcher.Invoke(new Action<string>(message => {
          textBox.Text += "Message:" + message + "\r\n";
        }), Convert.ToString(i));
      }
    }
    */

  }
}

解説

基本的なコードはこちらの記事で紹介している、Windows FormアプリでのTask利用コードと同じです。違いは、Windows FormではInvokeメソッドをフォームのオブジェクトのメソッドを利用していますが、WPFアプリでは、Windowクラスには、Invokeメソッドがないため、DispatcherオブジェクトのInvokeメソッドを利用します。

実行結果

プロジェクトを実行します。下図のウィンドウが表示されます。


ウィンドウの[button]をクリックします。ループで重い処理が実行されますが、ループ処理が1回実行されるごとに、テキストボックスにメッセージが表示されUIがフリーズせずに動作します。

登録日 :2016-06-07    最終更新日 :2016-06-09
このページのタグ:[C#] [WPF] [Task]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)