[C#] TextBoxに対して削除の操作をコードから実行する

このページのタグ:[C#] [TextBox]
TextBoxで選択された文章をコードから削除する方法を紹介します。

UI

下図のUIを作成します。TextBoxとButtonを配置します。TextBoxのMultilineプロパティを"True"に設定します。

コード

下記のコードを記述します。button1のClickイベントハンドラを実装します。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace TextBoxOperationFromCode
{
  public partial class FormMain : Form
  {
    public FormMain()
    {
      InitializeComponent();
    }

    private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
    {
      textBox1.SelectedText = "";    
    }
  }
}

解説

TextBoxのSelectedTextプロパティを""(空文字)にすることで選択範囲の文字を削除できます。Cutメソッドの呼び出しと異なり削除した文字はクリップボードにコピーされません。

実行結果

プロジェクトを実行します。下図のウィンドウが表示されます。


テキストボックスに文字を入力します。今回は下図の文章を入力しました。


テキストボックス上でドラッグし文章の一部を選択します。


[button1]をクリックします。選択された部分が削除されました。


メモ帳を開き、右クリックでポップアップメニューを表示します。[貼り付け]メニューがグレーアウトしています。[切り取り]とは異なり削除された部分がクリップボードにコピーされていないことが分かります。


プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)