ListView を用いたシンプルなデータベース参照 ASP.NET Webアプリケーションの作成 - ListViewの使い方

このページのタグ:[ASP.NET] [データベース] [ListView]
ListView を用いたシンプルなデータベース参照 ASP.NET Webアプリケーションを作成します。

作成手順

ASP.NET Webアプリケーションを新規作成します。Webフォームを新規に作成しプロジェクトに追加します。WebフォームにListViewコンポーネントを配置します。


ListViewコンポーネントの右上の[>]ボタンを押し[ListView]タスクメニューを表示します。


タスクメニューの[データソースの選択]コンボボックスを開きます。データソースがないため[<新しいデータソース...>]を選択します。


[データソース構成ウィザード]ダイアログが表示され、データソースの作成ができます。データソースの作成手順についてはこちらの記事を参照してください。


データソースが作成されると[データソースの選択]コンボボックスにデータソースが設定されます。続いて[ListViewタスク]の[ListView の構成]を選択します。


[ListView]の構成ダイアログボックスが表示されます。


ダイアログ左側の[スタイルの選択]エリアから、"カラフル"を選択します。プレビューエリアが変化します。設定ができたら[OK]ボタンを押します。


フォームデザイナに戻ります。スタイルがデザイナにも反映されています。


プロジェクトを実行します。Webブラウザが起動し、下図の画面が表示されます。
登録日 :2012-11-09    最終更新日 :2012-11-19
このページのタグ:[ASP.NET] [データベース] [ListView]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)