[C#] ボタンのクリック時に処理を実行する - ボタンのonclickイベントの実装
このページのタグ:[C#]
C#でボタンがクリックされたときに処理をするコードの実装方法を紹介します。

概要

ボタンのクリック時に処理を実行する場合は、ボタンのclick イベントに処理内容を記述します。

プログラム例

UI

下図のフォームを作成します。フォームにボタンを一つ設置します。

イベントの記述

フォームデザイナで、ボタンをクリックして選択します。選択されたコントロールには、四隅に白い四角の枠(ハンドル)が表示されます。


ウィンドウ右下の[プロパティ]ウィンドウの上部の稲光アイコンをクリックしてイベントの表示に切り替えます。ウィンドウ内にイベントの一覧が表示されますので、[Click]イベントの欄の右側のコンボボックス部分をダブルクリックします。


コード編集画面が開き、Clickイベントハンドラ(button1_Click メソッド)が作成されます。


button1_Click メソッド内にボタンクリック時に実行するコードを記述します。

コード

下記のコードを記述します。
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace ButtonClick
{
  public partial class FormMain : Form
  {
    public FormMain()
    {
      InitializeComponent();
    }

    private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
    {
      MessageBox.Show("ボタンがクリックされました!");
    }
  }
}

解説

ボタンコントロール[button1]がクリックされると、ボタンコントロールのClickイベントが実行されます。button1_Click()メソッドがイベントハンドラに設定されているため、button1_Click()メソッドが呼び出され、内部のコードが実行されます。

実行結果

プロジェクトを実行します。下図のウィンドウが表示されます。[button1]をクリックします。


Clickイベント内に記述したコードが実行され、ボタンがクリックされた旨のメッセージボックスが表示されます。

登録日 :2016-04-21    最終更新日 :2016-04-22
このページのタグ:[C#]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)