マスターページのコントロールを操作する (マスターページのクラスにメソッドやプロパティを実装)

このページのタグ:[C#] [ASP.NET] [マスターページ]
マスターページのクラスにメソッドやプロパティを実装して、マスターページのコントロールを操作するコードを紹介します。

プログラム

UI

マスターページ

マスターページを作成し、下図のUIを作成します。マスターページにLabelとTextBoxを配置します。


aspxファイルのコードは下記になります。
Site.Master

<%@ Master Language="C#" AutoEventWireup="true" CodeBehind="Site.master.cs" Inherits="FindControlMasterPage.Site" %>

<!DOCTYPE html>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8"/>
    <title></title>
    <asp:ContentPlaceHolder ID="head" runat="server">
    </asp:ContentPlaceHolder>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    <div>
        <asp:Label ID="Label1" runat="server" Text="Label"></asp:Label><asp:TextBox ID="TextBox1" runat="server"></asp:TextBox>
        <asp:ContentPlaceHolder ID="ContentPlaceHolder1" runat="server">
        
        </asp:ContentPlaceHolder>
    </div>
    </form>
</body>
</html>

Webフォーム

Webフォームのページを作成し、下図のUIを準備します。ボタンを1つ配置します。


aspxファイルのコードは下記になります。
Default.aspx

<%@ Page Title="" Language="C#" MasterPageFile="~/Site.Master" AutoEventWireup="true" CodeBehind="Default.aspx.cs" Inherits="FindControlMasterPage.Default" %>
<%@ MasterType VirtualPath="~/Site.master" %> 

<asp:Content ID="Content1" ContentPlaceHolderID="head" runat="server">
</asp:Content>
<asp:Content ID="Content2" ContentPlaceHolderID="ContentPlaceHolder1" runat="server">
<div style="margin-top:64px;">
  <asp:Button ID="Button1" runat="server" Text="Button" OnClick="Button1_Click" />
</div>

</asp:Content>

コード

以下のコードを記述します。
Site.Master.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.Web.UI;
using System.Web.UI.WebControls;

namespace FindControlMasterPage
{
  public partial class Site : System.Web.UI.MasterPage
  {
    protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
    {

    }

    public void SetInfo(string textBoxText, string labelText)
    {
      TextBox1.Text = textBoxText;
      Label1.Text = labelText;
    }
  }
}
Default.aspx.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.Web.UI;
using System.Web.UI.WebControls;

namespace FindControlMasterPage
{
  public partial class Default : System.Web.UI.Page
  {
    protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
    {

    }

    protected void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
    {
      Master.SetInfo("ペンギン", "くじら");
    }
  }
}

解説

マスターページのクラス、SetInfo()メソッドでマスターページのコントロールの制御をします。今回は、SetInfo()メソッドに与えられた引数で、LabelとTextBoxのTextプロパティを設定しています。
Webフォームからマスターページのクラスメソッドの呼び出しは、Webフォームのaspxファイルに

<%@ MasterType VirtualPath="~/Site.master" %> 
(MasterTypeディレクティブ)を記述することで、マスターページのメンバを参照できます。
Webフォームからマスターページのクラスメソッドを呼び出せますので、Webフォームからマスターページのコントロールを操作できます。

実行結果

プロジェクトを実行します。Webブラウザが起動し、下図の画面が表示されます。


[Button]をクリックします。LabelとTextBoxのキャプションが変更できました。


Webフォームからマスターページのコントロールの操作ができました。

プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)