iPentec Mail Terminal 2

1.概要

マルチアカウント環境のメール処理に適応したメールクライントです。
アカウントごとのメール送信受信機能や、メールのエクスポート、インポートなどの機能を備えています。その他、共通/分離設定可能なアドレスリスト。署名設定、他のメーラーとの併用を行うためのセカンドメーラー機能なども装備しています。メール管理方式は、アカウントごとに個別のディレクトリに管理され、直接メールアイテムをファイル単位で管理できるような構成にしてあるため、古いメールの管理や、不必要なメールファイルをCD-RやDVD-Rなどの外部記憶媒体へ書き出すことが簡単にできます。

また、コードのデコードや添付ファイルに関する規制が通常のメールクライアントよりも厳しく強力なため、ウィルスの感染や不正なコードの実行を極力減らすことができます。さらに、サーバー上のメールボックスを直接操作できる「サーバートレイ」を実現しており、これにより、危険なメールはクライアントへダウンロードすることなく、サーバ上のメールを直接削除することができます。

2.機能・特徴

インターフェース

典型的なメールクライントと同様のインターフェイスを提供します。送信、受信、メール作成など日常的な操作をボタンクリックひとつで実行できます。また「ようこそ」スタートアップビュー(上図参照)には、その他のよく使用する標準的なコマンドが用意してあり、クリックひとつで実行できます。

マルチアカウント管理を重視したトレイ構成

トレイはカウントごとに用意されています。受信したメールはアカウントごとにトレイに収納されていきます。また、受信、送信は各アカウントごとに独立して行えますが、日常的に使用されるアカウントについては、送受信コマンドで一括してメールの送受信を行うこともできます。

アカウント共用/分離型アドレスリスト

日常的にメールをやり取りするアドレスを登録することができます。登録したアドレス宛てのメールをワンタッチで作成することができます。登録したアドレス一つ一つについて、すべてのアカウントで共通のものとして使用することもできますし、特定のアカウント用として、分離して使うこともできます。

メールのエクスポートと組み込み

古くなったメールアイテムは任意のフォルダーにエクスポートすることができます。エクスポートするメールアイテムは「アカウントごと」、「メールアイテムごと」、「各トレイごと」など必要に応じて必要なアイテムをエクスポートできます。
エクスポートしたメールのあるディレクトリを指定してメールを再度読み込み、組み込みフォルダとして使用することもできます。一度読んでエクスポートしたアイテムや、話題ごとにフォルダを組み変えることもできます。

e-Edit インターフェイス [FlareStar]搭載

メール作成画面や、表示エリアには iPentec e-Editor / iPentec e-Studio で利用している、エディットインターフェイス (FlareStarインターフェイス)を採用しています。これにより、e-Editor を利用しているユーザーの方は、同じ操作方法でメールの作成/編集を行うことができます。また、e-Editor を利用していない方でも、標準的な「メモ帳」と同様の操作で、メールの作成等ができます。また、URL、メールアドレスなどはリンクとして表示されクリックひとつでジャンプできます (リンク処理がされるのは、メールビューとクイックビューになります。)

アカウント管理を大幅に見直し

アカウント設定部は前バージョンの操作性を見直し、新たに設計したインターフェイスを採用しています。バージョン2ではアカウントの作成、編集が以前よりはるかに直感的になりました。

アカウントの設定

アカウント設定は、通常のアカウント情報以外に、APOPのサポートや、SMTPAuthなども、サポートしました。より多くのインターネット接続環境で利用できます。


登録日 :2009-11-12    最終更新日 :2013-07-26
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd.