iPentec e-Editor 3 バージョンアップによる変更点
このページのタグ:[e-Editor]

バージョンアップにおける修正点 2.xx -> 3.0

  • システム、スクロール、ドキュメントプロセッサの変更

バージョンアップにおける修正点 3,0 -> 3.0d

  • ActiveXのモジュールがインストールされていないコンピューターでは起動することができないため。ActiveXモジュールを使用しないように変更

バージョンアップにおける修正点 3.0d -> 3.01

  • ActiveXCallerの削除

バージョンアップにおける修正点 3.01 -> 3.04

  • ユーザの話題になった、多重起動時のWindow表示位置の補正
  • EUCコード時の『予期しないキャリッジリターン』に対応
  • 新コンパイラーではアニメートがサポートされたため、旧コンパイラーでのアニメートを行うルーチンを削除
  • SJISコードでLINUX系のコンピューターでCGIを起動するための、『SJIS LF終端』モードを装備。

登録日 :2009-11-12    最終更新日 :2010-01-29
このページのタグ:[e-Editor]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd.